FXでの納税を知る


FXで投資取引をし、利益があった場合には、それに対して税金がかかることになります。
2012年に税制改革が行われ、「店頭FX取引」と「取引所FX取引」の2つの種類があるFXでは、その種別ごとにそれぞれ税金の仕組みが違っていたのですが、この税制改革により、どちらのFX取引も分離課税の中の申告分離課税、その中の雑所得として扱われるようになり、確定申告が必要になりました。

これ以外の部分でも、それ以前と大きく異なる設定などが施されました。
そのうちの一つに「3年間繰越控除」というものがあり、収益がマイナスであっても確定申告をしておくと有効的な制度ができました。

この制度は、FXなど出てしまった収益のマイナス分、つまり損失分を考慮してそれ以降の3年間の間に上がった収益に対し、課税を控除する仕組みになり、出した損失分が相殺されるまでの額がその控除の対象となります。

例えばFXを始めた初年、まだ投資に慣れておらず100万円もの損失を出してしまったとしましょう。
もちろんこの収益はマイナス分、損失になりますので、課税対象にはなりませんが、このマイナス収益を税務署に申告しておきます。

次の年になり、2年目の取引きでようやく利益を出すことができ、プラス40万円の収益を出すことができました。
もちろんこの収益は課税の対象になりますので、税務署に対する確定申告が必要になります。
本来であれば、確定申告を行ったこのプラス40万円の額に対して課税をされるのですが、初年に100万円の損失を申告しているために、この40万円に対しての納税は全額が控除の対象となるため、課税されないことになります。

その後、3年目でついに60万円もの収益を出すことができました。
もちろんこれも課税の対象になるのですが、初年度の損失である100万円分の控除対象額から、2年目の40万を差し引き、残り60万の控除分がまだ引き続いて対象とされますので、このプラス60万円の収益に対しても控除が効くことになり、課税されなくなるのです。

また、「損益通算」という制度も用意されており、これを利用することにより、FXでは50万円の利益が出ていたとしても、他の投資取引で40万円の損失が出ていた場合は、それを合算して確定申告をできることができるようになりました。
これにより、リスクマネジメントとして分散投資などをしている場合は、これによる利損を合算できるために、大変有利になっています。

このように、2012年の税制改革で大きな変更があり、確定申告をすることで税金を押さえたり、控除することができ、FX取引をより有利に進めることができる仕組みが増えています。
おそらくは課税対象にならないだろうと思って確定申告を怠ると、万が一の場合は追徴課税などをされたりして、より大きな税金を支払わなくてはならないような事態に陥ることもありますので、FXの税金に対してはきちんと学ぶ機会を作っておくことをお勧めします。