取引業者とのトラブル対応


バイナリーオプションは、分かりやすい取引きルールや、少ない資金でも手軽に行えることなどがら、投資をやったことがない初心者にも人気を集めている投資取引になります。

バイナリーオプションの取引きを行うためには、これを扱っている取引業者と契約を結び、投資資金の預け入れや、利益が出た場合の払い込み先としての専用の口座を業者に作る必要があります。

このようにバイナリーオプションを取り扱っている業者は、日本国内にはもちろんの事、海外にもたくさんあり、基本的には顧客を大切にしている業者が大きいのですが、投資取引をやったことがない初心者には少し敷居の高い部分もあり、また、一部には質の低い、もしくは悪質な業者もいるために、敬遠されることもしばしばです。

とくに海外業者では、言葉の壁と入出金の難しさもあり、なかなか受け入れられていないのが現実であると言えますが、海外の業者が日本の顧客に興味を持っていることは事実で、現在ではいろいろな方法でこれらの障害を乗り越えようとしています。

例えば言葉の壁であれば、最近では日本で展開をする海外業者のウェブページなどは、完全日本語化がほぼ全てで行われており、取引ツールや細かなサポートページに至るまでも、しっかりとした日本語への対応が行き届いているところがほとんどです。
また、万が一のトラブルに対するサービスも、チャットやメールなどでの24時間のサポート対応はもちろん、業者によっては日本人スタッフによる電話でのサポートを用意しているところもあります。

出金のサービスについては、過去には、二か国間での通貨のやり取りであるために、非常に時間がかかっていましたが、現在では大幅に短縮され、日本の銀行と業務提携をし、スムーズな出金を実現する取引業者も存在します。
また、同じように入金についても難しさがあったのですが、こちらはクレジットカードやネットバンキング、電子マネー、デビットカードなど幅広い選択肢があり、スムーズな入金が可能になっています。

また、ボーナスキャンペーンに対する認識の違いも、トラブルになる要因の一つになっています。
よく例に挙がるのが、初回入金ボーナスに関するルールについてになりますが、バイナリーオプションでは、例えば新規に口座を開設した初回の入金額に対して、200%のキャッシュバックボーナスなどが受けられる、というキャンペーンを行っています。
このキャッシュバックボーナスは、投資に慣れない初期に被った損失を肩代わりするという意図にて行われているものであるため、多くの場合には「投資の結果にかかわらず、一定回数の投資取引を行った場合にボーナスが発生する」というよう出金条件が付いており、この回数をこなさなくては出金が行えなかったり、また回数をこなす前に出勤をしてしまうとボーナスが受け取れなかったりしますので、このようなボーナスキャンペーンについては、よくその内容を確認する必要があるでしょう。

このように、いろいろなトラブルに巻き込まれた場合は、まずは消費者センターに相談をすることをお勧めします。
また、その他の方法としては、金融取引の仲裁機関に相談をしてみたり、他の投資家が行っているブログなどに相談をしてみるもの良いかもしれません。
とにかく、諦めたり一人で悩んだりせずに、いろいろな事例や過去の事柄などを頼りに聞いてみるのが一番になります。